本文へスキップ

Japan Funny Tennis Association 日本ファニーテニス協会

E-mail:info@funnytennis.nagoya

新メンバー募集New members wanted

募集年齢
20歳以上
練習場所
北生涯学習センター
熱田生涯学習センター
練習時間
平日夜間 18:45〜21:00
土曜夜間 17:00〜21:00
日曜午前  9:00〜12:30
日曜午後 13:00〜16:30
参加料金
平日夜間  500円
土曜・日曜 700円
準備していただく物
室内用の運動靴、動きやすい服装、タオル、飲み物
お問い合わせ
info@funnytennis.nagoya


会員規約Member Agreement

第1条(名称)
日本ファニーテニス協会(以下「協会」という)に加盟する運営団体(以下「本団体」という)が提供する活動(大会、練習、各種イベント等、以下「活動」という)に関して、第5条に定める登録会員(以下「会員」という)に対し会員規約(以下「本規約」という)を適用されるものとする。

第2条(目的)
スポーツの健全なる振興と、心と体の健康、体力の向上を図り、健全な心身の発達と明るく楽しく心豊かな生活、スポーツ精神、人間力、品性・品格・気品を養うことを目的とする。

第3条(運営および管理)
本団体は、協会に加盟する団体が運営、管理を行う。

第4条(会員制度)
本団体は、会員制とする。

第5条(入会資格)
本団体の入会資格は以下のとおりとする。
1.協会が定める本規約に同意いただくこと。
2.本団体が別途定めた資格、条件を満たすこと。
3.協会、本団体の会員としてふさわしい品性・品格・気品と社会的信用のある方。
4.暴力団関係、薬物常用者でない方。
5.以前に協会、本団体で本規約違反、会員除名・退会処分にされていない方。

第6条(入会手続)
本団体に登録した時点から、協会が定める本規約に同意したものとする。
1.本団体に入会する場合は、所定の登録用紙にて申し込みを行い、本団体による審査後会員の資格を得た方を本団体の会員とする。
2.前項に定める申し込みを行った場合であっても、本団体が行う審査の結果、入会が認められない場合がある。いかなる場合であれ、審査方法、審査過程、および審査の内容は開示しない。
3.会員は入会後、本団体から身分証明書等、本人確認情報の提示を求められた場合は、速やかに応じるものとする。
4.未成年の方が入会する場合は、本団体が特に認めた場合を除き、本人とその親権者が連署して申し込むものとする。この場合、親権者は自らが会員か否かに関わらず、本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとする。

第7条(諸費用)
1.入会費、年会費、参加費その他の会費を含む諸費用(以下「諸費用」という)は、別途定める。
2.会員は、別途定める諸費用を本団体に応じて指定する方法および手段により、それぞれの諸費用を払うものとする。
3.一旦支払われた諸費用は、法令の定めまたは本団体が認める理由がある場合を除き、返還しない。

第8条(参加制限・禁止)
本団体は、会員が下記の各項に該当する場合は、その会員を本団体への参加を制限・禁止を命じることができる。
1.集団感染するおそれのある疾病を有することが判明したとき。
2.健康状態を害しており、運動することが好ましくないと判断されるとき。
3.妊娠していることが判明したとき。

第9条(自己退会)
会員が、本団体の退会を希望する場合は、所定の手続き、または事前連絡をしなければならない。また会員の都合等により諸費用を滞納している場合は、諸費用の支払い義務を負うものとする。

第10条(会員除名・退会処分)
会員が、下記の各項に該当する場合は、協会、本団体は該当会員を一方的に除名、退会処分とすることができる。
1.協会、本団体の本規約、その他諸規則に違反したとき。
2.本規約、その他本団体の定める諸規則に違反したとき。
3.協会、本団体の品位、名誉を傷つけ、秩序を乱したとき。
4.諸費用の支払いを連続して怠ったとき。
5.入会に際して協会に虚偽の申告をしたと判明したとき。
6.喫煙行為、飲酒の強要行為。
7.他の方や協会、本団体を誹謗、中傷する行為。
8.他の方、スポーツ初心者の方に対する配慮のない行為。
9.他の方に対する暴力行為や威嚇行為、または迷惑行為。
10.周囲に不快感を与えるような態度、高圧的な態度。
11.許可なく物品販売や営業行為、勧誘行為、政治活動、署名活動。
12.許可なく会員を撮影する行為。
13.痴漢、のぞき、露出等公序良俗に反する行為。
14.他の方へのストーカー行為。
15.フェアプレー精神、スポーツマンシップに著しく反する行為。
16.物を投げる、壊す、叩く等、他の方が恐怖を感じる危険な行為。
17.協会、本団体の運営、活動業務を妨げる行為。
18.SNS(※)等の連絡ツール(グループライン等)を退会したとき。
19.本団体の活動に一年以上参加していない、または連絡がないとき。
20.協会、本団体が会員としてふさわしくないと判断したとき。

第11条(会員資格喪失)
会員は、下記の各項に該当したときに会員資格を喪失する。
1.会員が退会したとき。
2.会員が除名・退会処分にされたとき。
3.会員が死亡したとき。
4.協会が解散したとき。
5.運営上重大な理由により本団体が閉鎖したとき。

第12条(会員の地位相続・譲渡)
本団体の会員の地位は一身専属のものであり、他の方に相続・譲渡することはできない。

第13条(休会)
本団体の一部の会員においては、休会制度がある。

第14条(届出内容変更手続)
1.会員は、所定の登録用紙に記載した内容、その他本団体に届け出た内容が正確であることを保証する。
2.本団体は、当該情報が不正確であることによって、会員または第三者に生じる損害について一切責任を負わない。
3.会員は、所定の登録用紙に記載した内容、その他届け出た内容に変更があったときは、速やかに変更手続を行うものとする。
4.本団体より会員に通知する場合は、会員から届出されている連絡先に宛てた通知の発送をもって通知したものとする。

第15条(個人情報保護)
本団体は、本団体の保有する会員の個人情報を、本団体が別途定める「個人情報保護方針」および「プライバシーポリシー」にしたがって管理する。

第16条(ビジター)
本団体は、会員以外の方でも必要と認めた場合は、活動への参加を認めることができる。この場合、当該参加される方にも本規約を適用する。また、別途定めた参加費等を支払うものとする。

第17条(損害賠償責任)
1.本団体の活動に際して生じた盗難・紛失については、会員各自の自己責任とし、協会は責任を負わない。
2.会員が本団体の活動に際して、会員の責に帰すべき事由により会員が受けた損害については、協会は一切損害賠償の責を負わない。
3.会員が本団体の活動に際して、会員の責に帰すべき事由により協会または第三者に損害を与えた場合、会員は速やかにその賠償の責に任ずるものとする。
4.本団体の活動に際して発生した怪我・病気・事故等については、会員各自の自己責任とし、協会は責任を負わない。
5.会員同士の間に生じた係争やトラブル等については、協会は一切関与せず責任を負わない。

第18条(持込物に関する責任)
会員が、本団体の活動に際して生じた紛失については、会員各自の自己責任とし、協会は責任を負わない。持込物を預かることもない。

第19条(規約の改正)
協会が必要と認めた場合、会員に告知または通知することにより、本規約の改正を行うことができる。改正後は、全会員に適用されるものとする。

第20条(告知方法)
本規約における会員への告知方法は、SNS(※)への掲載およびWebサイトに掲載するものとする。
(※SNS=ソーシャル・ネットワーキング・サービス)


ファニーテニスとは?
基本的なルール
競技規則
コート・用具
大会・FunnyAward位置づけ
大会・FunnyAward結果
メディア情報
チームTシャツ・グッズ
ラケット販売
協会概要
会長挨拶
よくある質問
動画・写真
お問い合わせ